車検証に記載されているのと違う形式のエンジン搭載

車検を取る際、エンジンを取り替えている車両は車検が通らないこともありますので気をつ毛たいところです。

 

例えば、同じメーカーのエンジンの排気量が異なるエンジンを載せている場合、同じ排気量でも型式が違う場合には一般的な車検は通りません。

 

改造車としての特別な車検が必要となることになります。車検に際し、チェックされるのは車の型式、動力源の型式などです。

 

車検は車がメーカーの指定されているものと同様の車かをチェックします。メーカーは国に対して販売してもよいかを確認して販売していますので、車検はその許可された状態と同じかを確認されるのです。

 

そのため、同規格であっても型式が異なる場合は改造車として別な車検を取ることが求められます。

 

また、車検証には排気量が書かれていますが、改造等で排気量が上がっている場合はチェックが出来ませんが、課税範囲が変わってきますので改造車件を受ける必要があります。改造車件は車を改造することで安全に走行できるか、公道を走っても大丈夫な状態かを確認することですが、特に安全性の確認が行われます。また、動力源の変更の場合は排気ガスの清浄化もチェックされることになり、一般的な車検よりも厳重にチェックが行われます

Comments are closed.