不合格の場合はどうすればいい?

ユーザー車検で不合格になった場合には、その理由を確認し再検査を受ける必要があります。パソコン08

 

その理由が検査を受ける際の操作ミスなどなら、もう一度再検査をして正しい操作をすれば問題はありません。

 

しかし、車の整備不良などによる場合には修理をして再検査を受ける必要があります。対策としては、ブレーキランプ切れなどの場合には、近くのガソリンスタンドなどにお願いをすれば交換をしてくれますし、多少の調整で直る場合には検査場近くの整備工場で調整してもらい、その日のうちに再検査を受ければ追加費用などがかからずに終わらせることができます。

 

また、多少時間のかかる修理などでも15日以内であれば小型車で1,700円、普通車で1,800円の検査料金を払えばその部分だけの検査で終わらせることができます。

 

しかし、再検査を15日以上経過してから受けると、初めからの検査になってしまうので注意が必要です。

 

15日以内に再検査を受けるためにも、どこが悪かったのかを検査員の人にしっかりと確認をする必要があります。

 

この確認をよくしなかったために、別の箇所の不備が見つかりまた再検査になる場合もあります。

確認さえしておけば15日間という猶予があるので落ち着いて対処することができます。

Comments are closed.