車検が通らない事例とその理由

車を車検に出したけど、車検が通らない場合にはそれなりの理由が有ります。パソコン08

 

 

まずフロントガラスですが、車検証以外のステッカーが貼ってあり、車検証のステッカーがどこにも貼ってない場合は車検が通りません。そしてフロントガラスや運転席や助手席のガラスに透明度70%以下の着色フィルムが貼ってある場合は、透過率による規制に引っ掛かって、車検に通りません。ウォッシャー液が出なくてフロントガラスを洗えないのも駄目です。

 

 

そしてエンジンですが、エンジンオイルやバッテリー液、冷却水、ブレーキフルードなどの量が不足していたら、これも駄目です。

 

 

ライト類ですが、ウインカーが点灯または点滅がしない。または点灯が早過ぎたり遅過ぎたりも駄目です。ヘッドライトの光軸がずれていたり、白色や黄色で無い場合や、左右で明るさが違ったりするとこれも駄目です。そしてライト類のレンズが壊れていても駄目です。

 

 

内部ですが既定のシートベルトを使っていない。そして座席を外して乗員定員が変わっているのに、変更手続きをしていない、規定外のハンドルも駄目です。

 

 

後、車体を改造して規定外の状態にしているのも車検には通りません。

 

 

これらのうちのどれか一つに該当するだけで車検は通りません。そして車検に出す時は、これら以外に後は細かい部分も直して出す必要が有ります。

 

Comments are closed.