不合格の場合はどうすればいい?:公認をとる

車検時に改造部位がある場合は、車検に合格しないことがあります。

 
このような場合、公認を取らなければいけないです。

 
公道を走る以上、確実な安全性が担保されていなくてはいけません。
新車の製造時に、国の安全基準が保たれた状態で出荷されるのですが、改造により変更している部位があれば、必ず認可を受けなければいけません。

 
改造で多いのが、ボディサイズを変更していたり、ブレーキ系統が変更されていることや、ショックアブソーバー、サスペンションなどの部分が社外製品に変更されていることがあり、しっかりとした基準を満たしているかが分かりませんので、検査を受けて認可をとることが大切です。
通常、このような部位は変更するということがなく、脱着したことにより不具合が生じることがあります。

 
改造で認可が受けられたとしても、不具合が出ないとは限りません。

 
しかも、改造車は買取店に査定に出すとゼロ査定となることがあり、ディーラーなどでは車検が受けられないことが多いでしょう。
いくら、認可を受けたとしても、クルマの安全性を担保するものではないので、やはり改造はしないで、純正品や車検対応品でのカスタマイズが好ましいと考えられるでしょう。

Comments are closed.