最低地上高路面とボディ下部が9センチ未満の車高

車をカスタマイズする際、足回りを変更する方も多いと思います。その際、気にかかるのが最低地上高です。9センチと言われていますが、どの部分が9センチなのか分かりづらいと言われています。

 

車にはボディーの他、サイドスポイラーやフロントバンパーなどさまざまな部分で車高が違います。そのため、最低地上高はどこで測るかが重要になります。最低地上高の計る箇所は外れては問題がある部分や、こすれると走行不能になりやすい部分で測ります。よく、バンパーで9センチないとだめだと言う方もいますが、バンパーがプラスチックの場合は問題となりません。

パソコン04

 

また、排気系、特にマフラーが下がってしまう場合には9センチの制限がありますので注意が必要です。車の高さはこの他にガソリンタンクや下部ボディも重要となります。足回りの交換の際は、最低地上高は特に重要になります、公道を走らない場合は問題ありませんが、公道を走る際は工事現場や道路の段差もあるため、走行不能にならないように高さが決められています。取り外せない部分で9センチの高さを維持することが重要です。ただし、取り外せる部分でも保安部品という扱いで判断される場合は最低地上高が求められますので注意が必要です

Comments are closed.