車幅よりも長いスポイラー

クルマのドレスアップアイテムの一つとして非常に人気が高いのはスポイラーと呼ばれる部品で、フロント、サイド、そしてリアに取り付けることができます。そうすることによって、まず見た目のスタイルがスポーティに変わります。また空気の流れが変わることで、通常アンダーフォースが発生し、クルマを路面に押し付ける力が強くなります。それにより、より安定した走りが可能になります。特に高速走行やコーナリング性能が格段にアップします。

 

 

ところで、社外品を取り付ける場合は、車幅を超えないように注意しなければなりません。時々、車幅よりも長いものを見かけることがありますが、これは違反です。車検に通りませんし、警察に見つかれば、捕まって減点の対象となります。

 

 

では、なぜ車幅より長いとダメなのでしょう。そのほうがもっとかっこ良くなるのにと思っている人もいるかもしれません。しかし、これは大変危険な行為なのです。人や自動車などとすれ違う際に、長さの感覚がつかみにくいので、接触してしまう恐れがあるのです。もし接触した場合、スピードが出ていると鋭利な刃物のようになり、重大な事故につながりかねないのです。だから、長さにはくれぐれも注意して取り付けるようにしましょう。

Comments are closed.