車外へはみ出したタイヤ

車には一定の期間ごとに車検を受ける必要がありますが、車検に通らない理由の中に基準に適していない事が挙げられます。

 

車は基本的に車検証に記載された寸法を超えることはできませんので、アルミホイールがボディよりも外にはみ出ると車検に通らなくなります。ホイールを交換して基準を満たせば通りますので、普段ドレスアップではみ出したホイールを使用している場合には、車検前に交換することになります。タイヤホイールがボディから車外にはみ出しても走行上は問題がないですが、安全性の問題から許されていないのが現実です。社外品のアルミホイールはオフセットの種類が多いため、正しい規格のものを購入しなければはみ出る原因となってしまいます。

パソコン05

 

カーショップ等でスタッフのアドバスや対応表を確認すれば、車種ごとに最適な数値がわかるためはみ出ることは無いと言えます。アルミホイールのオフセットはノーマルのサスペンションと車高を落とした状態では見た目も寸法も大きく変わってきます。

 

ノーマル車高でははみ出る場合でも、車高を落とした場合にはフェンダー内に収まることがあります。ボディと同じライン上にアルミホイールがあれば見た目は良くなりますが、車検に通らない事があるため注意が必要です。

Comments are closed.